fbpx

「創業以来、頑張って業績を伸ばしてきましたが、最近は同業者間の競争が激しくなり伸び悩んでいます。営業力をさらに強化していますが、社員も次第に疲弊してきています。自力で行うのに限界を感じています。どのように乗り切ればよいでしょうか?」

これは、先日の経営相談に来られた注文住宅会社の経営相談のお話です。

経営が苦しくなる原因は、経営者の考え方を変えれば解決できる!

市場が成熟すると、ニーズは多様化してきます。そんな中で自社の経営目的(ミッション)が曖昧 ...

ますます人材不足が厳しくなる中、売上を上げる以上に社員の採用や定着率の向上が急務になってきています。最近は人材不足による閉店も相次いでいます。特にブランド力の低い中小企業さんは人材採用に苦しんでいます。

そうしたなか、社員の労働時間や待遇の見直しに取り組む企業も増えています。
労働時間短縮のために営業時間を短くしてみたものの、売上が低下してしまったり、スタッフの人数を増やして交代で休ませようとするが採用が思うようにできないとか、問題の解決策がなかなか ...

「おかげさまで、本当に大切にするべきクライアントが明確になり粗利高も上がってきました。社員たちもクライアントに振り回されることなくクレームも減ってきました」
ある建築資材会社さんからのコメントです。

このような会社の問題点は、売上主義で物事を判断していることです。売上主義の会社は、売上が上位のお客様を他社に奪われないように懸命になって仕事をしています。競合他社との相見積もりに合わせて値引きをしたり、納期を少しでも早くしてみたりと、あの手この手でお客様 ...

「新たに事業部を立ち上げて売上は順調なのですが、売上が上がるとともに社員が疲弊してきています。このままではスタッフの退職が増えそうです。会社は問題だらけで困っています。何から問題を解決すれば良いですか?」
ある不動産会社の経営者からの相談です。

人材が育たない理由~目先の売上アップにとらわれて現場の負担が増えていませんか?

業界の成熟化に伴い価格競争が激しくなることで、収益性が下がってきています。そこで新しい事業を導入したり、新しい商品やサービスを追加 ...

ある建築資材会社でのお話です。
「自社の固定費を把握することで商品の適正価格がよく理解できました。以前は適正価格を理解しておらず、安売りをしてでも売上アップのために仕事を受けていました。それが苦しかった経営の最大の理由だったことに気づけました」

価格設定の重要性

BtoBビジネスの場合、クライアントの業績に影響されて価格交渉に巻き込まれ、収益率が年々低下している会社さんは少なくありません。価格交渉に対応していると、粗利額が低下し、その穴埋めのために新規 ...

コラムの更新情報を定期的に配信しています。

毎月25日に株式会社サンアストがお届けする無料メールマガジンでは最新コラム、セミナー情報、ミッションマーケティング実践企業様の事例など、経営のヒントをお届けしています。ぜひ、ご登録ください。
※解除は随時可能です