fbpx
ライフマインド住宅販売株式会社

 

仕組み9割で動けばできる!独自のサービスを開発する自信と勇気が持てた!

ライフマインド住宅販売株式会社 専務取締役:溝俣正世 様

 

「この町の家族の成長と伴によりそい豊かな人生を増やす」ことをミッションに掲げ、名古屋市の東部守山区、尾張旭で、不動産事業、設計・リフォーム業を展開。

WEBサイト:http://lifemind.jp/

コンサルティングを導入する前の経営の悩みは何でしたか?

住宅販売ということで幅広い層のお客様がいらっしゃるため、接客が複雑なのですが、管理、指導、販売促進など業務の大半は属人的で問題だと感じていました。特に繁忙期の忙しい時期は、コミュニケーション不足からくるサービス・生産性の低下を意識するようになりました。サービスの向上や生産性アップのためにも、人が育つ仕組みが必要であると感じていました。

 

弊社コンサルティング導入を決定された理由は何ですか?

自社独自のサービス、商品を作るためです。今までのノウハウやターゲット顧客へのサービスを向上させ、共通のツールやイメージでブランド力を作るため、小手先のノウハウではないミッション(=使命)や念い(おもい)を見える化し、全社の力を強くしたいと考えました。

 

コンサルティングを導入する前と比べて、考え方に変化はありましたか?あればそれはどのような変化ですか?

頭の中が整理され、やるべきことの優先順位が明確になりました。仕組み9割で動くということを学び、独自のサービスを開発する自信と勇気をいただきました。

 

コンサルティングの中で、最も良かったことは何ですか?

会社の中でサービスと管理の仕方の標準化について考えることができ、中期のビジョンが見えてきました。今後は、来客戦略、プロモーション戦略を中心に、自社のミッションがお客様へ伝わる仕組み、具体的には年間プロモーション計画を立て、責任者の権限を明確にし、会議でPDCAを回す仕組みを作っていきます。

 

コンサルティングの中で、最も良かったことは何ですか?
【不動産部 営業マネージャー 小久保 誓也 様】

経営者が日々どんなことに悩み、私たち社員にどういう目的をもって話されているか、その目的を理解することができました。
日々の業務で当たり前と自分で思っていたことが経営者レベル、幹部レベル、現場レベルごとにズレがあることに気づき、今回のコンサルを通じてそのズレに気づく毎に視野が広がっていきました。
社内やいつものコミュニケーションの中では普段通りの自分の反応をしてしまい、その反応にとらわれて本題と違うところで話してしまっていて、気づくことすらできないことが多くありましたが、今回のコンサルを通じ、それが思い込みだったことに気づけたことはとても良かったです。

コラムの更新情報を定期的に配信しています。

毎月25日に株式会社サンアストがお届けする無料メールマガジンでは最新コラム、セミナー情報、ミッションマーケティング実践企業様の事例など、経営のヒントをお届けしています。ぜひ、ご登録ください。
※解除は随時可能です