fbpx

「毎年、売上げが少しずつ減少しています。社員がワクワクするようなビジョンも描くことができません。会社の行く末を考えるととても不安です」
ある日の経営相談でこのような本音で相談を受けました。

会社の行く末を考えるととても不安!そんな経営者にお伝えしたいこと

日本の経済は寡占化がますます進み、同業他社との価格競争に巻き込まれて先行きが見えない状況に悩む経営者はたくさんおられることと思います。
この状況から抜け出したいのに抜けられない理由は、経営者の ...

「創業以来、頑張って業績を伸ばしてきましたが、最近は同業者間の競争が激しくなり伸び悩んでいます。営業力をさらに強化していますが、社員も次第に疲弊してきています。自力で行うのに限界を感じています。どのように乗り切ればよいでしょうか?」

これは、先日の経営相談に来られた注文住宅会社の経営相談のお話です。

経営が苦しくなる原因は、経営者の考え方を変えれば解決できる!

市場が成熟すると、ニーズは多様化してきます。そんな中で自社の経営目的(ミッション)が曖昧 ...

「様々なことを学んできましたが、学んだことを現場に落とし込むことができません。そのため、業績も良くなりません。何が問題なのでしょうか?」
ある工務店の経営者から、このような相談がありました。

業績が良くならない・・・その理由は?

そこで、現場の幹部に集まって頂き、現状のそれぞれの問題についてディスカッションしました。そして、それぞれが、自分の抱えている現状の問題を紙に書き出し、仕事でどんなことで困っているのか、自分自身で明らかにしてもらいました。

「お陰様で、今期も目標達成できました。
仕組みづくりができてきて、目標達成のためのコツもわかってきました」

こう語る経営者さんは飲食店を4店舗経営していますが、以前は業態がすべてバラバラで、経営がとても複雑化しており、店長の力量に依存する経営スタイルに行き詰まりを感じておられました。
時代の変化が激しいため、経営の目的が無い会社はリスクヘッジのために業態を分散させてしまいがちです。さらに店舗は売上維持のために新商品をどんどん投入し、現場の運営 ...

「おかげさまで、今月も目標達成できました。ビジョンが明確になり、目標達成のためのポイントがわかってきたので、経営がとても楽しくなってきました」
これは、ある飲食店の経営者との会話のひとこまです。
出会った当時、4店舗のお店を経営していましたが、店舗を増やすごとに収益性が悪くなり、さらに店長の入れ替わりも激しく、人材育成にも悩んでいました。

店長育成ができない経営者のパターン

多店舗展開をしていく場合、3店舗〜5店舗のところで壁があると言われます ...

CLOSE

収益を最大化する仕組みづくりのヒントをお届けします。

無料メルマガ登録はこちら

コラムの更新情報を定期的に配信しています。

毎月25日に株式会社サンアストがお届けする無料メールマガジンでは最新コラム、セミナー情報、ミッションマーケティング実践企業様の事例など、経営のヒントをお届けしています。ぜひ、ご登録ください。
※解除は随時可能です