fbpx

仕組みづくり・標準化

企業が安定成長していく上で最も重要なことは、時代の変化に対応する組織づくりです。業績の良い会社が生き残るのではなく、時代の変化に柔軟に対応できる組織のみが生き残ることができます。

そこで経営者が行うべき重要な仕事の1つが、幹部育成です。経営者が決めた戦略に基づき、幹部が部下たちの能力を引き出しながら実践することで、全員の力が1つになり会社は良くなっていきます。このような組織をつくり上げるためには、経営者の幹部育成能力が欠かせません。

幹部育成のた ...

激しい市場争いの中での働き方改革で、企業の経営環境は一層厳しさが増し、企業が生き残っていくためには外部環境の変化に対応する経営力が不可欠です。危機感を持って頑張っているだけでは時代の変化に置き去りにされてしまいます。

そこで今回は経営者として重要になる仕事の三要素についてお話しします。

経営者として重要になる仕事の三要素

まず1つ目は戦略づくりです。
消費者ニーズが多様化している現代、自社の経営の目的を明確にする必要があります。そのヒントは ...

「現場でクレームやミスが多いので仕事を幹部に任せることができません。思い切って、何も言わずに現場に任してみたり、細かくチェックして教えてみたり、しているのですが思うように行きません。どうしたら安心して任せることのできる幹部が育つのでしょうか」このような悩みを抱える経営者は数多くいます。この問題を解決するために重要なことは正しい習慣づくりです。

安定成長する経営を目指すなら、まず自社の理想の姿を明確にすることから始めることが大切です。自社の理想を明文化したものをビジョンといい、ビジョンには「定性的なビジョン」と「定量的なビジョン」があります。「定性的なビジョン」には、精神的な満足を追求するために会社の存在意義やあるべき姿を現します。そして、精神的満足を追求するためには社会の問題を解決して企業価値を高めることが重要です。「定量的なビジョン」は物質的な目標地点を表し、数値で表現します。例えば、売上や店舗数や社員数な ...

「得意先」「一部の社員」「一つの商品」に依存した状態で経営をしていると、毎年無事に会社を継続することばかりに気を取られ、会社の「ミッション」追求への意識は薄くなり、リスクを避けることにばかり意識が強くなります。そして一年経過するごとに、今年も倒産せずに会社を継続できたとホッとするのです。守りの経営になるとリスクを避けることばかりに気を取られて、ただホッとして生きることを、無意識に選択してしまうのです。

CLOSE

顧客満足と収益を最大化させる仕組づくりのポイントをお届けします。

無料メルマガ登録はこちら

コラムの更新情報を定期的に配信しています。

毎月25日に株式会社サンアストがお届けする無料メールマガジンでは最新コラム、セミナー情報、ミッションマーケティング実践企業様の事例など、経営のヒントをお届けしています。ぜひ、ご登録ください。
※解除は随時可能です