fbpx

コンサルティング

「お陰様で、計画通りに利益を出せるようになってきました。現場の数字を把握することで経営が2018楽しくなり、自信もついてきました」
こう話すのは食品メーカーの経営者です。
以前、この経営者は数字に対して苦手意識があり、どんぶり勘定で経営をしてきました。年々、お客様からの値下げ要請が厳しくなるなか、売上を維持するために営業マンがやむなく値下げし、お客様の要望に応えていました。経営側としては今のままではいけないと思いながらもなすすべがなく、現場の状況をただ見 ...

時代のニーズが多様化し、業績格差の二極化が進んでいます。顧客の真のニーズを理解して経営をしている企業は、顧客の心を掴むサービスや顧客の心に届く販売促進を確立して安定成長を実現しています。そうした企業では顧客からの信頼も益々高まり、それがスタッフのやりがいにもつながっていきます。顧客を絞り込むことで、顧客の真のニーズといわれる「潜在ニーズ」まで深く理解ができ、顧客にとって欠かすことのできない存在になっていくのです。それにより価格競争とは無縁の世界で経営ができ、「リピート」 ...

「毎年、売上げが少しずつ減少しています。社員がワクワクするようなビジョンも描くことができません。会社の行く末を考えるととても不安です」
ある日の経営相談でこのような本音で相談を受けました。

会社の行く末を考えるととても不安!そんな経営者にお伝えしたいこと

日本の経済は寡占化がますます進み、同業他社との価格競争に巻き込まれて先行きが見えない状況に悩む経営者はたくさんおられることと思います。
この状況から抜け出したいのに抜けられない理由は、経営者の ...

「おかげさまで、本当に大切にするべきクライアントが明確になり粗利高も上がってきました。社員たちもクライアントに振り回されることなくクレームも減ってきました」
ある建築資材会社さんからのコメントです。

このような会社の問題点は、売上主義で物事を判断していることです。売上主義の会社は、売上が上位のお客様を他社に奪われないように懸命になって仕事をしています。競合他社との相見積もりに合わせて値引きをしたり、納期を少しでも早くしてみたりと、あの手この手でお客様 ...

「お陰様で、今期も目標達成できました。
仕組みづくりができてきて、目標達成のためのコツもわかってきました」

こう語る経営者さんは飲食店を4店舗経営していますが、以前は業態がすべてバラバラで、経営がとても複雑化しており、店長の力量に依存する経営スタイルに行き詰まりを感じておられました。
時代の変化が激しいため、経営の目的が無い会社はリスクヘッジのために業態を分散させてしまいがちです。さらに店舗は売上維持のために新商品をどんどん投入し、現場の運営 ...

CLOSE

高収益を長期継続するミッション型経営のポイントをお届けします。

無料メルマガ登録はこちら

コラムの更新情報を定期的に配信しています。

毎月25日に株式会社サンアストがお届けする無料メールマガジンでは最新コラム、セミナー情報、ミッションマーケティング実践企業様の事例など、経営のヒントをお届けしています。ぜひ、ご登録ください。
※解除は随時可能です