fbpx
第171号:9割の人は知らない安定成長するための行動の優先順位

第171号:9割の人は知らない安定成長するための行動の優先順位

同じことを学んでいるにもかかわらず、学んだことが結果に現れる経営者と、現れない経営者がいます。この違いはどこにあるのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、学んだことを、実践したのか、実践できなかったのかです。

「自分は実践しているが結果が出ない」と思っている人もいるかもしれません。
そう思う方は、学んだことを「全社的に」実践できていたかどうかを考えてみてください。

結果が出る経営者は、学んだことを「全体的に」実践できる!

学んだことを、全社で実践するという習慣ができている会社とできていない会社に分かれているのです。大切なことは、知識やノウハウ以上に行動の手順なのです。

どこの会社も現場は忙しく働いています。そんな状況の中では、経営者が学んできたことを実践しようと思っても、現場の負担が増えるだけで、全社的に行動することはとても難しいのです。

そうした中、結果を出し続けるためには「単純化」「標準化」「仕組み化」「システム化」という手順を守ることが重要です。

企業は、大きくなればなるほど経営を単純化することが欠かせません。

「単純化」することで、人材育成の効率を上げて業務をシンプルにしなければ、現場は業務をこなすことだけで精一杯になっていきます。

次は「標準化」です。
会社の中で商品やサービスの品質基準を明確にする必要があります。品質基準が明確でなければ、良いのか悪いのか、何を基準にして判断すればよいのか曖昧になります。基準のない会社は、経営が属人的になりリスクが増えます。

結果の出る行動の手順は「単純化」「標準化」「仕組み化」「システム化」

その次は「仕組み化」です。
仕組み化とはPDCAを企業内で回していくことです。会社の目的や目標のために常にPD CAを回し、計画通り運営できる組織を作ることです。

最後は「システム化」です。
企業が大きくなるにつれ、人がやっていた仕事を極力システムに置き換えていくことで業務の安定化や効率化を図ることができます。

このように経営は成長のために常に改善が必要になりますが、その改善における行動手順が「単純化」「標準化」「仕組み化」「システム化」なのです。

学んで結果が出せない経営者は、この手順を知らないことで経営者が学ぶたびに現場が複雑化する原因を作ってしまうのです。

あなたもぜひ自分の行動の手順を見直してみてください。

画像引用:photo AC




 

体験セミナー&説明会