株式会社サンアスト

株式会社ヒップアップ |

株式会社ヒップアップ

わかりやすく教えていただけ、自分たちでも安定経営ができると確信。  

株式会社ヒップアップ 代表取締役社長 渡瀬公久 様

1988年より静岡県を中心にホテル事業を展開、ホテル6軒を運営・管理。 ミッションは「無邪気に楽しめるワクワク体験の提供」

WEBサイト:http://hotel-gen.co.jp/

コンサルティングを導入する前の経営の悩みは何でしたか?

コンセプトやターゲット(主要顧客)が不明確で、思いつきの戦略で流行に影響される面がありました。また、そのためか、会社がスタッフに求めることとスタッフの受け取り方に大きな温度差が生じ始め、従来の人材育成にも違和感が出てきて、改善したいと考えていました。
今回、コンセプトが従来のホテルと異なる新規出店にあたり、「ホテル運営の方向性」や「どんなお客様に利用していただきたいのか」を明確にする必要性を感じるようになりました。

弊社コンサルティング導入を決定された理由は何ですか?

知り合いの経営者が、コンセプトを明確に打ち出し、そのコンセプトに沿った販促やツール(音楽やノベルティ)を上手に活用して、競合と比較しない独自戦略で、ここ数年、具体的な成果を出していたからです。

コンサルティングを導入する前と比べて、考え方に変化はありましたか?あればそれはどのような変化ですか?

ミッションマーケティングを導入したことで全体が見えるようになり、目標達成のために、今、何が足りないかを気づくことができました。
業界の潮流に添ったweb戦略や方法論等、テクニカルな部分は研修やセミナーで学べますが、結局は「だれのための幸福追求か」が重要であることに気づき、根本的な軸(=ミッション)が定まりました。それにより、仕組化、明確化(見える化)する道筋が見えたと思います。

コンサルティングの中で、最も良かったことは何ですか?

仕組み作りの手順やポイントを知ることができたことが良かったです。特に、ミッションやペルソナ、目標や目的を見える化する手順を学び、自分達で考え、導き出す方法を、社員さんたちと一緒に経験できたことはとても良かったです。
また、経営戦略に関する複雑なメソッドをわかりやすく教えていただけたことで、自分たちでも確実に計画していけば安定した経営ができるのだとイメージすることができ、希望が持てるようになりました。