株式会社サンアスト

有限会社ホリ |

有限会社ホリ

KPI設定や重要な指標も、ミッションとつながることで疑問がスッキリしました。

有限会社ホリ 代表取締役 堀 祐輔 様 様

自家焙煎珈琲専門店。ミッションは「お客様が笑顔になれる憩いの場と伊勢国桑名から発信する新たなコーヒー文化を作る」。

WEBサイト:https://www.rakuten.ne.jp/gold/hori-coffee/

コンサルティングを導入する前の経営の悩みは何でしたか?

地域に根差し、来年で創業50年。スターバックスなど外資系企業の店舗が増加、最近ではコンビニエンスの参入など、コーヒー市場の取り巻く状況も変化しており、長く同じビジネスモデルで事業を展開していることに対して戦略の行き詰まりを感じていました。
また、街の喫茶店として地域の支えで今日がありますが、ターゲットを「地域」とひとくくりでまとめてしまっているため本来のお客様が見えにくく、「誰にどんな価値を提供するか」を明確にしたいと感じていました。

弊社コンサルティング導入を決定された理由は何ですか?

サンアストさんで定期的に開催される事例発表会に参加したことがきっかけです。ミッションマーケティングを導入した企業様の生の声をお聞きし、実際の店舗の状況や活動内容を拝見することで「自社でも導入できる」と感じました。また、世界観を持ち、強みを生み出すことの重要性を教えていただき、自社も、もっと表現できると思いました。

コンサルティングを導入する前と比べて、考え方に変化はありましたか?あればそれはどのような変化ですか?

経営の一貫性です。「店舗のブランディング」だけでなく、組織づくり、来客戦略、商品づくり、顧客管理、世界観と、すべてがミッションを軸につながるようになり、取り組む考え方や戦略も関連性をもって考えられるようになりました。
ターゲットを絞り込むことで、よりお客様の顔が見えるようになり、戦略もペルソナを第一に考えることですべての基本的な考えができるようになりました。

コンサルティングの中で、最も良かったことは何ですか?

ミッションとマーケティングがつながったことで、目指すべき方向性やビジョン、ミッションの質が格段に上がりました。スタッフ全員の充実感や達成感が向上し、自社内で取り組める仕組みが出来ました。KPI設定や重要な指標の取り扱いなど、マーケティングのややこしい仕組みもミッションと繋がることで疑問がすっきりしました。
決めることが重要ではなく、話し合い、意見を出し合うことが重要であり、チームとして動くことの大切さを理解できました。
何を一番大切にしていかなければならないか、スタッフ全員で共有していきます。