株式会社サンアスト

第68号:人材不足の時代にどうイノベーションをするべきか |

第68号:人材不足の時代にどうイノベーションをするべきか

第68号:人材不足の時代にどうイノベーションをするべきか

先日、ある飲食チェーン店経営者から相談をいただきました。
「求人募集をしても応募が無く、人材不足は深刻な状況になってきている。このままでは人材不足のためにお店を閉めざるをえない状況」とのことでした。

人材不足は今後も続き、ますます人材採用は厳しくなると予想されます。そんな中、経営者は、どのように経営の舵を取っていくべきなのでしょうか?

このような場合、対策は大きく2つに分けられます。「人材採用」と「人材定着」です。
そういうと、人材採用に力を入れる企業さんが多いのですが、まず取り組んでいただきたいのは人材定着です。人材が定着しない状況で採用だけをしていても、目先の問題を解決しているだけなので、いつまでたっても人材不足からは脱することができません。

では人材定着率を上げていくためにどうすれば良いのか。人材の定着率を向上させる待遇改善に走り、つい短絡的に労働時間の短縮や賃金のベースアップなどを考えがちですが、それでは現場からの要求をさらにかき立てるだけで根本的な解決にはなりません。

そこでどうするべきかですが、それは、働く人たちの働きがいを向上させることです。そのためには、自分の成長実感や、お客様満足を日々感じられる仕組みを作ることです。
日々の仕事を通じて自分が成長し自信を持てるようになることにより、仲間との人間関係も良くなり、皆が働きやすい職場になっていきます。そして顧客満足度が上がり、お店の売上目標を達成することで達成感が生まれます。

そのために効果的なのがミッションを掲げることなのです。

お店の存在意義を明確にすることでお店の考え方に共感するスタッフ達とお客様満足のためにどうするべきかを追求すること。共通の目的を持ち、自分達で考えて行動すること。そういったことがスタッフ達の成長につながるのです。

そして、お店の存在意義がお客様に伝わり、共感してくださったお客様がお店の支援者となり安定顧客となってくれるのです。リーピートしてくれるお客様を増やすことでお店の業績は安定成長します。

つまり、ミッションを持つことで人材の定着率に大きくつながるのです。

事実、ミッションを掲げて採用活動することで良質な人材が採用できたという声を数多くお寄せいただいております。

まずはミッションつくりを始めてみてはいかがでしょうか。