株式会社サンアスト

第17号:真の社員満足の為に経営者が絶対に間違えてはいけないこと |

第17号:真の社員満足の為に経営者が絶対に間違えてはいけないこと

第17号:真の社員満足の為に経営者が絶対に間違えてはいけないこと

クライアントさんを指導させていただき業績が向上すると、次に取り組みたいとおっしゃるのが社員満足の追求です。そしてそこで課題として出てくるのが、待遇の改善です。

多くのクライアントさんが仰る待遇の改善とは、大きく次の2つです。

1つは、労働時間の短縮。2つ目は、給与の適正な分配。

そこで1つ目に挙げられた労働時間の短縮についてお話ししたいと思います。

労働時間の短縮は、どの企業も重要な課題だと思います。それを改善するためにどんな手段をとるかがポイントになります。

やりがちなのが採用に走ることですが、これは失敗につながりやすいです。なぜなら、今の時代、採用がとても難しいうえ、採用できたとしても人材を定着させることも難しいからです。

ですから、すぐに採用に走るのではなく、採用し定着させるための準備をまずすることです。この手順を間違えるといつも同じ壁にぶつかり、一向に企業の成長は見込めません。

時間短縮のための業務の単純化をすることが先決です。

時間短縮のための業務の単純化として、どのようなことができるかといいますと、たとえば、商品を絞り込むことで、飲食店さんであれば仕込みの時間が短縮できるようになります。

また商品サービスを絞り込んで仕事が単純化すれば、人材教育も楽になり、戦力化のスピードが上がります。

現状いる人材と共に業務を単純化し効率化を図ることで、収益率も上がっていきます。そうして徐々に、新しい人材を迎えるための準備も整っていきます。

あなたのお店は、目先の売り上げを上げようとして、客層はバラバラ、商品も盛りだくさんになっていませんか?ビジネスモデル自体が複雑化していませんか?

企業成長のための手順を間違えないことがとても重要です。