株式会社サンアスト

9割の経営者が知らない自分の言ったことが伝わらない本当の理由 |

9割の経営者が知らない自分の言ったことが伝わらない本当の理由

9割の経営者が知らない自分の言ったことが伝わらない本当の理由

9割の経営者が知らない自分の言ったことが伝わらない本当の理由
現場でコンサルティングの指導させていただいていると、経営者の方はよくこうおっしゃいます。

「先生から教わったことと同じようなことは僕も常々言ってるんですけど、全然伝わらないんです。でも先生が話すとみんなよく理解してくれるんですよね。なぜでしょうか?」

それは、感情で受け取っているからです。部下は、会社内での指示、命令、指導を頭で理解して受け取ってはいません。まず感情で受け取ります。

たとえば、いつも話の長い上司であれば、その上司の話が始まると部下は話の内容を聞くより先に「また始まったなぁいつまでこの話は続くんだろう」と感じるのです。自分に自信のない部下であれば、上司の指導を受け入れる前に自分ができているところをアピールしようとして言い訳をします。普段のお互いの関係性や部下の心の在り方が、指示、命令、指導の受け取り方を決めているのです。

こうした状態で何とかして伝えようと、細かく指示、命令、指導をしても、いつまでたっても部下には伝わりません。伝わらないどころか、さらにお互いの関係性を悪化させることも多いのです。
なぜなら、上司からの指示、命令、指導は部下にとっては作業依頼でしかないからです。細かく指示を受ければ受けるほど、たくさんの作業を依頼されたという解釈で受け取ります。そしてその作業の目的すら理解しないまま仕事にかかっていき、言ったことしかできない、言ったことすらできてないといったことが起こります。そしてさらにお互いの負の関係性を築いていきます。

このような状態を改善していくには、細々と指示、命令、指導するよりも、会社の目的と目標を明確にして常に見える化しておくことが大切です。自分たちで考え行動する仕組みを作ることが大切なのです。人は、自分で考えたことだからやり遂げたいと思います。

社員に言ったことがなかなか伝わらないと感じている経営者の皆さん、部下に目的と目標をきちんと明確にして伝えられる環境をつくってみてください。